びわ温灸の良さとは?

びわの種や葉に含まれるアミグダリン

びわはバラ科の植物で、アンズ、桃、りんご、梨、桜などの仲間です。

びわの葉の成分としては、ブドウ糖、ショ糖、果糖、マルトース、澱粉、デキストリン、酒石酸、クエン酸、リンゴ酸、アミグダリン、タンニン、サポニンなどがあります。

 

1950年、米サンフランシスコの生化学者、アーネスト・クレブス博士があんずの種子からアミグダリンを抽出。結晶化して「レートリル」と名づけ、ガン治療に使用しました。

この治療法は「ビタミンB17療法」あるいは「レートリル療法」と呼ばれています。

博士は、食生活の偏りによるアミグダリンの欠如が代謝活動に異常をもたらし、これが免疫力・抗菌力の低下につながり、ガンだけでなく心臓病や生活習慣病の原因になると指摘しています。


アミグダリンが奏効するメカニズム

アミグダリンが体内に入ると、ガン細胞の中に多量に含まれているベータ・グルコシターゼという特殊酵素によって加水分解され、青酸とベンツアルデヒドとが遊離します。

ガン細胞はこの二つの物質の相乗毒性により破壊されてしまうのですが、正常細胞にローダネーゼという保護酵素があって両物質を無害な物質に変えてしまうため影響を受けません。顕微鏡で見ると、ガン細胞がまるで殺虫剤をかけられたハエのように死んでいくそうです。

また、アミグダリンが分解されてできる安息香酸は「抗リウマチ」「殺菌」「鎮痛」に効果を発揮するそうです。神経痛や捻挫の痛みなどにも効果を上げています

【アミグダリンの働き】

1.血液を弱アルカリ性に浄化する作用

2.鎮痛作用

3.殺菌作用

4.制ガン作用

びわ温灸療法でからだを芯から温め体温を上げ、アミグダリンの成分が浸透することで血液を浄化し、全身の新陳代謝が活発になれば、健康の基本とも言うべき自然治癒力(免疫力)が増し、快食、快眠、快便がえられ病気や症状を取り去ってくれます。

 

要するに、びわ温灸療法は全身療法であり根治療法なのです。

びわ温灸療法は継続的に治療してもまったく副作用はありませんので、続けて治療されることが大切です

 

当院では、婦人科系の疾患をお持ちの方や、がん等の疾患をお持ちの方にびわ温灸療法を選ばれています。