美容鍼

数年前より、ハリウッド女優やモデルなど国内外を問わず美容鍼を美容法として取りいれているという報道が非常に増えてきています。ですが、まだ顔に鍼を刺すということに恐怖心を持たれている方も少なくありません。

 

美容鍼とは、東洋医学の鍼灸を美容の面でも役立てようとして行われている美容法の一つです。

 

鍼灸治療による美容効果は、世界保健機構(WHO)でも認められており、且つ副作用などもありませんから安心して受けられる美容方法として注目されています。

 

「皮膚は内臓の鏡」とも呼ばれるように、皮膚組織は体内の健康度合が顕著に表れるほか、精神的な健康具合の変化にも非常に敏感な場所です。

 

鍼灸治療を行うことでホルモンバランスや自律神経のバランスを整え、心身から健康な状態にし、その結果、皮膚組織も健全になると言われています。

美容鍼のメカニズムと効果

お肌の深層には、コラーゲンやエラスチン・ヒアルロン酸などで構成されている「真皮」と呼ばれる場所があります。

 

お肌の構造をお家に例えると、柱にあたる部分がコラーゲンです。お肌を支えているコラーゲンが加齢とともに減少し、弾力を失うことでシワやたるみの原因となります。

また、30歳を超えるころから女性ホルモンの分泌が低下し始めると、お肌の張りやツヤ、乾燥などにも影響してきます。

◆西洋医学的な観点から鍼の刺入により、表情筋や真皮層へ刺激が与えられ微量の外傷、出血、炎症反応を起こすことによって細胞の活性・血流を促進します。お肌の張り、吹き出物、しわ、たるみ、くすみなどの症状に対して、新陳代謝を高めることで皮膚の再生を増強します

 

◆東洋医学的な観点からお肌は、身体の内側の健康状態が反映されます。お顔には身体と関係しているツボがたくさん存在する場所ですので、お顔の症状だけでなく、お身体の症状の改善にもつながります。その結果、全身の健康状態を整えることで女性ホルモンの活性や美肌へとつながります。

美容鍼のリスクについて

個人差はありますが、身体の中に鍼が入ることで多少リスクは伴います。

 

①内出血

もっともリスクが高いのが内出血です。

お顔には毛細血管が張り巡らされていますので、身体よりもお顔のほうが内出血を起こしやすい場所となります。血流が悪いところでは、血管の弾力性が低下していると血管が鍼をよけきれず内出血を起こす可能性があります。仮に内出血を起こしたとしても、通常ですと1週間ほどで消えるので痕が残ることはありません。

 

アレルギー反応

アトピーや敏感肌、金属アレルギーなどをお持ちの方で鍼によるアレルギー反応をおこされる場合があります。施術を受けられる前に、必ず担当の先生にお伝えください。※当サロンでは、美容鍼以外の施術方法もございます。

 

③痛み 

きっとテレビや雑誌などで、お顔にハリネズミのようにたくさんの鍼が刺さっている映像などをみて「痛そう~」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

実際のところはどうなのでしょう?

痛みに対する強さの感覚や、その治療院の方針、使用する鍼の太さなどによっても差があるかと思います。

てのひらのお客さまの反応を見ていますと、大半の方が「想像していたよりも痛くない」とか「え、もう刺さっているんですか?」という感想をお持ちの方のほうが多いように思います。

当サロンでは、痛みもストレスになってしまうというリスクを考え、細い鍼を使用し、できるだけ鍼の本数が少なくても効果のでる施術を心がけています。


美容鍼治療 約120分・・・カウンセリング30分+施術約90分

<カウンセリング⇒お着換え⇒クレンジング⇒デコルテマッサージ⇒全身鍼治療⇒お顔への鍼>

 

料金 ¥12,000(税込)