手作りびわエキス

食べたあとのびわの種は、捨てるともったいないんですよ(・_・;)

十分に乾燥させた種の皮をむき、35度以上のアルコールでつけると手作りびわエキスの出来上がりです。

 

あとは、成分が抽出されるのを待つだけ。

夏場だと3カ月位。冬だと4か月くらいで安定するそうです。

 

今回は、アルコール度数が35℃の焼酎でつくっているのでそのままお酒として楽しむこともできますし、うがい薬として利用したり、病弱の人や慢性の胃腸障害をお持ちの場合は、毎日杯に1杯のむか、お水やびわ茶で適当に割って飲んでもよいそうです♪

 

口内炎や歯槽膿漏、歯肉の弱い人やのどに痛みがある方は、少し口に含んでから飲み込むとよいでしょう。

家庭でつくれるお薬ともいえる「ビワエキス」是非ご家庭でつくってみてはいかがですか?

わからなことがあれば、大阪市中央区玉造の鍼灸院「デトックス&はり灸てのひら」へお問合せください。

 

びわ温灸療法」についてはこちらから